性能と輝きを取り戻そう|大事な腕時計を修理する時の注意点|ロレックスを長く使い続ける為に

大事な腕時計を修理する時の注意点|ロレックスを長く使い続ける為に

性能と輝きを取り戻そう

腕時計

性能と輝きを取り戻せます

ロレックスは、1905年イギリスロンドンで創業し、時計関税の影響で時計づくりには欠かせない空気の澄んだスイスに拠点を移したのです。当初ロレックスは、懐中時計を主流としていましたが、利便性を考え現在の腕時計へと改良したのです。あの重量感と高級感あふれる輝きはそのなごりではないのでしょうか。そんなロレックスをいつまでも使い続けるには、定期的なオーバーホールが必要です。ロレックスは、機械式時計と言われ、歯車とゼンマイ、少量オイルで動いています。長く使っているとやはり、オイルが減ってきますし、歯車もすり減ってきます。そうなる前にオーバーホールをすることで、いつまでもその性能と輝きを維持することができますし。親から子へと受け継がれるほどです。オーバーホールとは、時計を細部まで分解・洗浄して消耗した部品交換や研磨を行う事です。また長期間使わない場合もロレックスは、使用前にオーバーホールを行う必要があります。期間は3年から5年と言われていますので注意が必要です。

資産価値とプレミアム

ロレックスは、オーバーホールを行うと、明らかにパーツ自体に厚みがあり、耐久性に優れている事がわかります。またオイスターケースを使用しているため防水性能が格段に高いので人気です。自動巻き機能である「パーペチュアル機能」・午前零時頃日付が一瞬で変わる「デイトジャスト機能」があり、三大発明とも言われており、クロノメーターの認定も受けています。そしてロレックスは、ベルトを外すと12時の方向に時計の性能がわかる「リファインナンバー」・6時の方向に製造された年式などのわかる「シリアルナンバー」が刻まれています。また偽造防止用のロゴマークである王冠の透かしが入っています。年代によってロレックスは、ロゴマークの色が違いプレミアム的な値段がつくこともあります。つまりロレックスは、オーバーホールによってその性能と機能を維持することができ、資産価値を高める事ができる腕時計であると言えますので、オーバーホールが修理と違い人気になっています。