大事な腕時計を修理する時の注意点|ロレックスを長く使い続ける為に

要らない指輪があったら

アクセサリー

使わないジュエリーがあるのならリフォームして新しいジュエリーにするのがお勧めです。古い石を使う事が出来ますし、地金は換金して代金から差し引いてくれるのでかなりお得に作ることができます。

More Detail

長く使い続ける為に

時計修理

メーカーへ依頼すると

頑強な作りで知られているロレックスは、余程のことがない限り修理に出すケースはあまりないものです。しかし、すぐに止まる・時間の遅れや進み具合がおかしい・ゼンマイが正常にまけない・時計内部から音がする・ケースや風防に傷みがある場合は、できるだけ早く修理に出すようにしましょう。理由は、ロレックスは作りが丈夫なだけに時計の調子がおかしくなってもそのまま使い続ける人もいますが、そうなると修理代は高くなることが多いです。なので、ロレックスは故障してから修理に出すのではなく、定期的なメンテナンスをすることが大切です。メンテナンスを定期的に行うことで、長く快適にロレックスを使い続けることができるので、費用がかかるからと億劫がらないようにしましょう。

ネットで比較検討を

高級腕時計であるロレックスは、アフターサービスも非常に充実しているので何年使用したものでも、修理をメーカーへ依頼することができます。ただ、ロレックスメーカーへ修理を依頼した場合はどうしても修理費用が高くなる傾向があります。そこで、ロレックスメーカー以外の時計修理業者に依頼すると費用を抑えることができます。しかし、時計修理業者によってかかる費用や使用する部品に違いがありますので、まずは見積もりをとるようにしましょう。修理の為の見積りはメーカーを含め業者も無料でしてくれるところが多いので、見積もりを比較検討した上で選ぶとかかる費用を抑えることができます。ただ、安さを重視した場合は使用する部品がロレックス純正のものでない場合が多いです。

性能と輝きを取り戻そう

腕時計

高級腕時計ロレックスは、機械式時計であるため、3年から5年ごとにオーバーホールを、行う必要があります。ロレックスは、親から子へと引き継げるほどの耐久性があり、オーバーホールをすることで、いつまでもその機能と輝きを維持する事ができ、プレミアム的な値段がつくこともありますし、資産価値もあります。

More Detail

末永く使うために必要

ウォッチ

スイス製の高級機械式腕時計ロレックスは、日常の簡単な手入れやオーバーホールを行うことで、その機能や性能、輝きを維持することができ、資産価値を高める事ができますし、故障の予防ともなります。また流行に左右されないファッション性、実用性と言ったスタンスがあるため人気となっています。

More Detail